ヘンデル:輝けるセラフたちを(オラトリオ「サムソン」より)

23時30分すぎに、ウィントン・マルサリス版を聴いてみる。

入浴後の、一杯のお酒が美味しい。

弦楽器の和音と、ソプラノ声楽のビブラートと、トランペットの柔らかく輝かしい音色。

気分がリフレッシュできる曲です。

深呼吸とストレッチ。

また明日。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中