Porgy And Bess : Miles Davis

ミュージカルとしての題材が、Jazz としてのアルバムとなっている。

全面的に、Miles Davis が、ソロを演奏している。

しかしながら、ハーモニーとして心地よいアルバムだと思う。

 

グラスで一杯が心地よい。

 

1958年の録音だそうだが、ステレオ録音であり、ちょっと趣向を凝らしている。

編成はビッグバンドに近いが、Wood と Brass とPercussion。

楽譜が手に入ったら、演奏を経験してみるとよいかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中