Ubuntu 10.10 Netbook Edition 今日の作業 (2)備忘録

先日の

ubuntu-10.10-netbook-i386.iso

について、700MBのCD-RWに焼けましたので、DVD-RWは消去しました。

そして、16GBのUSBブートイメージについて、ThinkPad R60e で試しに起動。

 

アイコンが大きい?!

とりあえず30分、いろいろとチェックしてみる。

キーボードアロケートに日本語、ドイツ語のロケートが出来るようです。

一安心。

で、USBメモリの空き容量をチェック。16GBを有効に使用していないことが判明。

もったいないので、Dell Mini 9 にCDドライブを接続して先のインストールCD-RWで起動。

 

□まずはSONY POCKETBIT USM16GM を接続して、

□有線LANを接続。

□インストールは『日本語』で、『インストール』を選択。

 

みなさん、いろいろと調整しながら、Ubuntu をインストールされていられるようですね。

 

私の場合、

□CDよりインストールを選択した後、『インストール準備』の画面が出ました。

□この画面で『インストール中にアップデートをダウンロードする』と、

□『このサードパーティ・ソフトウェアをインストールする』のそれぞれにチェック。

 

□『ディスク領域の割り当て』の画面が表示された後、

□『手動でパーティションを設定する(高度な知識が必要です)』を選択。

□『進む』ボタンを押します。

 

ここで注意。

私の場合、Dell Mini 9 のSSDにはWindows7が入っているので、

USBメモリは、 /dev/sdb でした。

 

USBメモリのパーティションを操作するので注意。

□取り急ぎ、USBのパーテイションを削除するので、/dev/sdb1 を削除(私の場合)

□パーティションで /dev/sdb を選択(私の場合)

USBへのデータパーティションの作成。『新しいパーティションテーブルを作成』

 

窓が開いて下記を選択・入力

□作成:基本パーティション

□サイズ:8184 MB

□ファイルシステム:fat32

□マウント: /windows

□OKを選択

 

次にUbuntu用のパーティションの作成です。

□パーティションで /dev/sdb を選択(私の場合)

USBへの Ubuntuパーティションの作成。『新しいパーティションテーブルを作成』

 

窓が開いて下記を選択・入力

□作成:論理パーティション

□サイズ:残り全部

□ファイルシステム:ext4ジャーナリングファイルシステム

□マウント: /

□OKを選択

 

□ブートローダで私の場合『/dev/sdb  Sony Storage Media  (16GB)』を選択。

 

□インストールパーティションを、/dev/sdb2 で私の場合、選択し『インストール』を選択。

□ここで、スワップファイルが設定されてない旨、表示されましたが後で設定のため『続行』

 

□しばらくするとロケーションの選択となるので、『Tokyo』を選択します。

□キーボードの設定で、レイアウト『Japan』、キーボード 『Japan』で『進む』を選択します。

□名前 と PC名 と ユーザ名 と パスワードを設定。『進む』を選択します。

□後は待つだけ。しばらくかかります。USBメモリなので、1時間30分くらいかな。

 

□リブートして、SSDからWindows7が起動できることを確認。

□USBメモリの、データパーティションの状況を確認。フォーマットは有効。

 

□リブートして、『0』キーでのブートメニューで、USBを選択してUbuntu起動。

□メニューが日本語化されていることを確認

□無線NICドライバが適応しているか確認

□Ubuntu アップデートマネージャーでパッチを充てる

 

え? ブラックスクリーン? 実はスクリーンロックが掛かりました。

今日は全部で、260MBぐらいのパッチがありました。

このアップデートだけで、USBメモリにインストールなので、4時間かかりました。

 

□日本語パッケージレポジトリを追加していないけど日本語になっているので、そのまま。

 

□アップデート中、コンソール起動して、df コマンド起動したら、/ が /dev/sdb5 になってる。

ん? 間違えたかな?

拡張領域(論理パーティションコンテナ)デバイス名: /dev/sdb2  と

OSファイルシステム(Linux Ext4パーティション)名:/dev/sdb5 が

同じ領域で、ボリュームマウントされている。

Unix ボリュームマウントの形式を忘れていました… は~。

 

キーボードアロケートに、ドイツ語・Germany(qwerty)を追加

起動時に、

modprobe … gnome …

のようなメッセージが出てしまっている。調査しよう。

 

今日の感想。

Netbook Edition だけれど、SSDでなくUSBメモリへのインストールって、

Dell Mini 9 には効果が薄いみたいです。

SSDにインストールしたら、サクサク動くと思うのですが、まずは、しばらくこのまま。

 

窓の外を見たら、雪が降っている。

夏は、USBメモリ起動だと、USBメモリが熱くなるかも。

 

今しばらくは、Unix コマンドリファレンス(ATT SystemV版)片手にコマンドを確認します。

Ubuntu コマンドは、ヘルプメニューで確認しながら使いましょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中